ソリューション

工場が抱える問題を
ソフトとハードを駆使して解決します。

工場が抱える問題をソフトとハードを駆使して解決することを、TMEICでは「システムソリューション」と呼んでいます。たとえば自動車工場のデータを経営部門に即座にあげるソリューション。社内に点在する知見の共有を促進するグループウェア。工場全体を見直さずとも部分的なアップデートで、収益性はぐっと高まります。

Plant Log Meister(電子操業日誌)

Plant Log Meister(電子操業日誌)

ベテランが持つノウハウを、
プラント内の共有財産へ。

工場でつけてきた日誌をクラウド上で入力することで、情報共有を活性化できるグループウェア「電子操業日誌」。誰もがストレスなく情報を入力でき、誰もが簡単に情報を得られるようになると職場コミュニケーションの活性化がはかられます。ベテランが持つ技術の継承を促進することにも役立ちます。

詳しくはこちら

組立加工業向けファクトリ・オートメーション(FA)システム

組立加工業向けファクトリ・オートメーション(FA)システム

最新のFA導入、既存設備のFA化強化を
「カイゼン」の視点を持ちながら支援します。

組立加工業では、各製造設備、検査設備の自動化により生産性向上、品質安定化が常に注目されています。そのために、新規の設備を効率よく導入すること、既存の設備を利用しながら製造情報の高度化を図りPDCAのサイクルを適切に回すことも重要です。また、省人化、および、人に依存しない作業指示により、安定した製造品質を確保することも今後の重要な課題です。これに対して様々なソリューションとそれを実現するシステムをご提供します。

詳しくはこちら

リアルタイムプロセス情報管理システム

リアルタイムプロセス情報管理システム

工場の様子を、
工場の外からもモニタリング可能に。

工場に関係する情報は、経営に関わる機密です。情報漏洩を避けるためにも工場外で閲覧することはありませんが、それを可能にするのが「リアルタイムプロセス情報管理システム」。Windowsのシステムで、工場にいなくでもデータの収集と遠隔監視ができるようになるため、どこにいても操業管理が行えます。

詳しくはこちら

製造統合データベース

製造統合データベース

かつてないデータの連携でプラントを進化させます。

プラントの設備やソフトは、個々にさまざまなデータを収集しています。それらデータを連携し有効活用するのが「製造統合データベース」。たとえば工場の部門毎に省エネするのではなく、部門連携して電力消費のピークをずらし、さらなる省エネをはかる。データの連携が新たなデータを生み、新たな効率化に繋がります。

詳しくはこちら

インテリジェント運転支援システム

インテリジェント運転支援システム

ベテランの職人技を、
広く継承するために。

ベテランオペレーターの手動に頼ってきた工場内における特殊な操作を自動化する。あるいはベテランオペレーターたちが持つ職人技の継承を容易にする。それが「インテリジェント運転支援システム」です。自動化によって、ベテランオペレーターの負担が軽減されるほか、作業精度のムラが払拭され安定化がはかられます。

詳しくはこちら

ナレッジマネジメントシステム

ナレッジマネジメントシステム

ベテランだけが持つ運転ノウハウを共有知へ。

製造業の世界では、設備のオペレーションを担うベテランから若手へのノウハウ継承が追いついていないことが課題になることが少なくありません。その状況を打破するのがナレッジマネジメントシステム「Knowledge Meister」です。運転に関するさまざまな作業情報を蓄積し、プラント内で共有。ノウハウの継承を促進します。

詳しくはこちら

POPシステムによる業務改善〜現場作業の効率化・品質確保〜

POPシステムによる業務改善〜現場作業の効率化・品質確保〜

生産現場の状況を、
リアルタイムに可視化。

生産ラインを流れるプロダクトの、ある特定の時点のデータを収集し「生産ラインの管理」「プロダクトの品質向上」に生かすのが「POPシステム」です。「機械、設備、作業者、ワーク」からデータを採取し、情報をリアルタイム処理。管理者は、現場の状況を正しく把握し、品質不良や製造ロスを減らすことができます。

詳しくはこちら

ユーティリティー管理システム

ユーティリティー管理システム

電気、水道、ガスをスマートに使うという選択。

プラントの操業に必要な「ユーティリティ(電気、水道、ガスなど)」の使用量や使用時間帯などを詳しく調べ、製造計画を考慮した上でコストカットをはかる「ユーティリティ運用計画最適化」。たとえば自家発電や割安な夜間電力を利用する。契約電力の見直しを行う。さまざまな手を駆使し、無駄を抑えます。

詳しくはこちら

現場モバイル点検システム

現場モバイル点検システム

プラントの監視や操業を、
モバイル端末から。

プラント全体の監視/操業は、中央監視室で行うのが昨今の主流です。それでも安定操業には、目視を基本とした現場パトロールも必須ですが、モバイル端末でそれをかなえるのが「現場モバイル点検システム」。監視だけでなく、中央監視室と同様の操作が可能。そのため点検業務の大幅な効率化がはかれます。

詳しくはこちら

計画保全システム

計画保全システム

プラントの安定稼働と、
定期チェックを両立するために。

設備が動かず操業できない。これはビジネスにおける機会の損失に繋がりかねません。だからこそプラントの安定稼働には定期的なメンテナンスが必須。とはいえ、それもまた「設備の停止」を意味するため、損失のない停止計画と保全計画が必要です。「計画保全システム」は、安定操業、保全費削減、設備の管理を支える仕組みを提供します。

詳しくはこちら

※以下項目をクリックすると詳細情報を
ご覧いただけます