トップランナーモータ

省エネ効率と資源環境を両立。
次世代プレミアム効率シリーズ誕生!

TMEICのトップランナーモータ(電動機) シリーズは、単にエネルギー消費効率に優れているだけではなく、定められた省エネ基準を凌駕した、世界最高水準の高効率・軽量・既設寸法互換が特長です。当社基準モータと比較して発生損失を約34%低減することを可能にしたIE3レベルであるTM21-FⅡプレミアム効率の低圧三相かご形誘導モータに始まり、永久磁石を用いたTM21-FP IE4効率の永久磁石三相同期モータ。高トルク、高効率を両立したIE5効率のリラクタンスモータといったラインアップを誇ります。

トップランナーモータ TM21-FⅡ プレミアム効率シリーズ 低圧三相かご形誘導モータ

トップランナーモータ TM21-FⅡ 低圧三相かご形誘導モータ

現行製品における最高レベルで、トップランナー基準をクリア。

トップランナー制度が開始された際の目標基準値は、現在製品化されている最高値で「IE3」になります。この基準に対応したモータが「プレミアム効率シリーズ」製品です。当社標準モータと比較して発生損失を約34%減らし、省エネ効果をアップしました。

モー太くん

・「モー太くん(図形)」は東芝三菱電機産業システム株式会社の商標です。

トップランナーモータとは?

2015年4月スタートしたモータ効率規制の制度。開始当初の基準値はIE3クラス相当。

トップランナーモータとは?

概要/特長

トップランナーモータ 2015年4月スタート

日本国内では、2015年4月よりモータの高効率化を求めるトップランナー制度が開始されました。
モータ効率の目標基準値は、現在製品化されている最高効率値(IE3 相当)に制定され、モータのエネルギー消費効率を高め、基準に適合した省エネモータの普及が促進されます。

省エネと省資源を追及したプレミアム効率シリーズ

TMEICは、高度な解析技術と最新の高効率技術を駆使して、資源環境にも配慮した次世代高効率のモータを開発。
優れた省エネルギー性能でトップランナー基準に対応するプレミアム効率シリーズを新たにラインアップに加えました。

トップランナーモータ 2015年4月スタート

優れた省エネ性能で新たな付加価値を創出

プレミアム効率シリーズは、当社標準モータと比較して発生損失を約34%低減し、お客様設備の省エネ効果向上に貢献します。

優れた省エネ性能で新たな付加価値を創出

さらなる軽量化、低騒音化、据付寸法の互換性を実現

さらなる軽量化、低騒音化、据付寸法の互換性を実現

さらなる軽量化

最新の高効率技術を駆使した設計最適化と軽量化を実現

低騒音化

冷却性能向上と騒音低減をバランスさせた新型ファンを開発

据付寸法の互換性を確保

プレミアム効率シリーズは、当社標準モータと据付寸法に互換性があります。一部の機種はオプションで互換性に対応します。

東芝のエクセレントECPに認定

東芝のエクセレントECPに認定

東芝の「エクセレントECP認定制度」は、ECPの3要素である『地球温暖化の防止』、『資源の有効活用』と『化学物質の管理』において、優れた環境性能を持つ製品に与えられるものです。

トップランナーモータシリーズ

※以下項目をクリックすると詳細情報を
ご覧いただけます