パッケージ・
ソフトウェア

現場の声から生まれた、
本当に使える業務効率化ソフト。
デジタルトランスフォーメーション(DX)を
強力に支援します。

人の判断に頼っていた生産計画を、AIが自動判断して的確にサポート。

「どの設備を使い」「誰が作業する」といった「生産計画」を従来は担当者が経験と勘を頼りに行ってきましたが、計画Producerの導入により、AIが自動立案しサポートします。生産性向上とコスト面でのメリットが期待でき、設備故障、重油価格の変動などのアクシデント等にも適応可能なため、計画の見直しも容易となります。

概要/特長

特徴

  • 低価格パッケージ。
  • 計画に必要な基本的な機能を中心にパッケージングされており簡単導入・運用。
  • 日程計画、資源負荷、稼働率、実績登録、進捗をビジュアル化。
  • GUI操作によるガントチャートを作成しながらマスタ編集が可能。
  • 計画編集後の時間重複、工程間矛盾、競合解消を個別に調整可能。
  • 外部システム連携用インターフェースにより簡易にデータ連携が可能。
特長

計画業務の重要性

生産計画は受注情報や販売計画を元に立案されます。工場においては工場資源(設備、人)を有効活用して最大限の生産を実現することが必要です。販売部門では製品在庫の状況と生産計画により納期が決まり、生産計画に対しては原材料や資材の在庫状況から、これらの発注処理が行われます。

製造現場においては計画にもとづき製造指図が現場に行われ、製造進捗は都度計画に反映されます。設備稼働状況から設備保全計画も組み込まれます。

計画業務の重要性

製品

機能

機能

導入効果

  • 資源の有効活用分:優先度や段取り等の各種制約を加味し最適なスケジューリングを実現。工場全体の生産性を高めるべく資源稼働率を高めます。
  • 計画業務の効率化:高速に計画作成ができ、需要変動(受注変更等)や生産状況の変動等に追従して都度計画を見直し。
  • 即座の納期回答:既に計画済の製造分や製造状況を加味した上で納期シュミレーション。
  • 仕掛在庫削減:在庫(原材料、工程間在庫、製品在庫)状況を加味したスケジューリングにより、製造計画と原料発注の連動が可能となり、余剰在庫を削減。

関連製品・サービス

※以下項目をクリックすると詳細情報を
ご覧いただけます