ソリューション

プラントが抱える問題を、
ソフトとハードを駆使して解決し、
産業社会のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進してまいります。

電子操業日誌(PlantLogMeister)

PlantLogMeister

プラント情報の一元化による操業現場のスマート化を実現

プラント操業においてベテラン運転員の知識や経験を共有し、ナレッジ情報として活用することは、安全・安定操業する上で極めて重要な課題です。PlantLogMeisterは、交替勤務における操業日誌や申し送り情報を運転現場での記録にあった簡単な入力で、効果的に蓄積・管理でき、製造現場にある様々な情報と連携できる業務革新ソリューションです。操業日誌の電子化をベースに、設備管理、工事管理などと連携しお客様の業務に合わせた最適なソリューションを提供、操業管理のスマート化をサポートします。

概要

電子操業日誌PlantLogMeister(PLM)は、運転管理、設備管理、工事管理の業務プロセスをデジタル化し
業務の効率化、安全・安定操業を推進します。

PlantLogMeisterの概要

特長

簡単入力

  • 運転員の操作性重視
  • 運転員が使える機能の充実

充実したサポート

  • クラウド試行サイトを用いた導入サービス
  • 導入後のお問い合わせはPLM専用サポートサイトにて対応

お客様と共に進化を続ける

  • お客様のニーズに基づくタイムリーなバージョンアップ
  • 多様なニーズに対応したシステム標準設定(ノンカスタマイズ)

活用効果

PlantLogMeisterの活用効果

情報共有化

  • 引継情報をわかりやすく表示
  • 周知管理による確実な情報伝達
  • お知らせ掲示板で部門内情報の共有円滑化
  • 製造部門と設備管理部門で部門を超えた情報共有

マネジメント強化

  • 承認後の編集ロック、変更履歴記録で信頼性の高い運転日誌
  • 定期作業、作業指示の実績管理で計画的かつ確実な操業
  • 懸案事項の発生から解決まで確実にフォロー
  • ヒヤリハット活動サポート

業務効率化

  • モバイル端末活用で日常現場点検の効率化
  • 申し送りを効率よく実施
  • まとめ日誌の作成簡便化
  • 各種既存システムとデータ連携し、分析用データを一元管理
  • 工事管理業務の負荷軽減

ノウハウ継承

  • 運転ログから過去の類似情報を検索
  • トラブル発生時に過去の懸案事項から事象、原因、解決経緯を把握
  • ベテラン運転員のノウハウをナレッジ化して活用

PlantLogMeisterの構成

PlantLogMeisterの構成

サイト構成

サイト構成
サイト間を横断した情報の管理
班長をリーダーとした一つの運転チークを一つの製造サイトとして運用
製造サイトの設備情報を共有し、設備管理システムとしてまたは、他の設備管理システムと連携した運用

サポート体制

サポート体制
  • システム構築では、お客様専用の試行サイトを準備
  • お客様が設定した内容を当社で確認・サポート → 適切なサポートが可能
  • 試行運用完了後、設定内容を本サーバに移行

システム動作環境

機種名 仕様項目 仕様/ソフトウェアバージョン
サーバー CPU 4コア以上
ハードウェア メモリ:16GB以上、HDD:200GB以上(RAID推奨)
OS Windows Server 2019
データベース Oracle12c、Oracle19c、PostgreSQL
クライアント OS Windows 10
ブラウザ Microsoft Edge、Google Chrome
EXCEL Excel2019、Office365
  • ※サーバーのスペックについては、サイト数によって変わりますので別途ご相談ください。
  • ※Windows Server2019、Windows10、Microsoft Edge、Excel2019、Office365は米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。
  • ※Oracle19cはORACLE社の商標です。
  • ※PostgreSQLはPostgreSQLの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • ※Google ChromeはGoogle Incの登録商標です。

関連製品・サービス

※以下項目をクリックすると詳細情報を
ご覧いただけます