ソリューション

プラントが抱える問題を、
ソフトとハードを駆使して解決し、
産業社会のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進してまいります。

充填ライン稼働管理システム

IoTによる情報収集で見える化を実現!
あらゆる製造充填ラインにマッチするシステム!

概要

操業現場の課題とは

増加する(多様化する)商品の
製造管理が難しくなっている
  • 新製品の増加により製造管理が難しくなっている。簡単に管理ができるようにしたい。
  • 作業ミスによる品質トラブルを防止したい。
人手による業務
負荷が大きい
  • 帳票作成など人手による業務負荷を減らしたい。
  • 製造計画をベテラン従業員に頼っており技術継承したい。
  • 事務所で現場の情報を的確かつ迅速に把握したい。
トレーサビリティの
仕組みができていない
  • 資材から出荷までをスルーして管理する仕組みを構築したい。

充填ライン稼働管理システムとは

ますます多様化する消費者ニーズに応えるために、新製品が増加し製品ライン管理は複雑化しています。
結果、人手による業務負荷が大きくなり、品質トラブルや製造ロスが起こりやすい環境にあります。
充填ライン稼働管理システムでは、製造前の品種照合をはじめとする8つのソリューションで、現場の見える化を実現し、作業ミスによる製造ロスを防止します。
また、業務負荷を低減し、トレーサビリティの仕組みを構築します。

対象業界

食品、飲料、医薬品、化粧品、日用品など

システムの特長と導入効果

充填ラインの課題を解決する8つのソリューションで構成されます

特長

導入効果

機能 導入前 導入後
製造計画

設備毎に製造計画を入力する為、手間がかかり、ミスを誘発しやすかった。

工程全体の進捗が見えず、管理が難しかった。

製造計画を一括管理できた。

製造進捗のリアルタイム把握で即対応できた。

資材管理

資材投入間違いによる廃棄ロスが発生していた。

資材の残数やプリフォームのエージング時間が分からなかった。

廃棄ロスがほぼゼロ化された。

在庫数が明確化された。

品種照合

製造パターン(液種・容器種など)の間違いによる廃棄ロスが発生していた。

製造計画と連動し品種照合を実施可能になった。

廃棄ロスがゼロ化された。

ライン監視

ラインの運転状態は設備単位で把握していた。

ライン全体の状態把握が可能になった。

各工程の異常を即発見・即対応可能になった。

稼働管理

製品の不具合率や設備の稼働状況が不明であった (故障回数・停止時間など)。

トラブルが見える化された。

分析・対策を講じ、稼働率の向上を達成できた。

排斥傾向管理

各製造工程における排斥状況が不明だった。

どの工程・設備に問題があるのか把握できていなかった。

排斥状況が把握できるようになった。

設備異常の早期発見につながった。

品質管理

各工程情報の連動がなく、不具合発生時の原因追跡、分析ができなかった。

工程全体でのトレーサビリティを実現できた。

不具合の要因調査、波及範囲の特定が可能になった。

帳票機能

設備や機器の追加、変更が困難だった。

都度改善、見直しされる帳票フォームの変更が困難だった。

カスタマイズ可能な帳票システムを実現できた。

機能 導入前
製造計画

設備毎に製造計画を入力する為、手間がかかり、ミスを誘発しやすかった。

工程全体の進捗が見えず、管理が難しかった。

資材管理

資材投入間違いによる廃棄ロスが発生していた。

資材の残数やプリフォームのエージング時間が分からなかった。

品種照合

製造パターン(液種・容器種など)の間違いによる廃棄ロスが発生していた。

ライン監視

ラインの運転状態は設備単位で把握していた。

稼働管理

製品の不具合率や設備の稼働状況が不明であった (故障回数・停止時間など)。

排斥傾向管理

各製造工程における排斥状況が不明だった。

どの工程・設備に問題があるのか把握できていなかった。

品質管理

各工程情報の連動がなく、不具合発生時の原因追跡、分析ができなかった。

帳票機能

設備や機器の追加、変更が困難だった。

都度改善、見直しされる帳票フォームの変更が困難だった。

機能 導入後
製造計画

製造計画を一括管理できた。

製造進捗のリアルタイム把握で即対応できた。

資材管理

廃棄ロスがほぼゼロ化された。

在庫数が明確化された。

品種照合

製造計画と連動し品種照合を実施可能になった。

廃棄ロスがゼロ化された。

ライン監視

ライン全体の状態把握が可能になった。

各工程の異常を即発見・即対応可能になった。

稼働管理

トラブルが見える化された。

分析・対策を講じ、稼働率の向上を達成できた。

排斥傾向管理

排斥状況が把握できるようになった。

設備異常の早期発見につながった。

品質管理

工程全体でのトレーサビリティを実現できた。

不具合の要因調査、波及範囲の特定が可能になった。

帳票機能

カスタマイズ可能な帳票システムを実現できた。

システム構成及び運用例

システム構成及び運用例

画面例・事例

製造計画 製造計画
品種照合 品種照合
排斥傾向管理 排斥傾向管理
停止集計 停止集計
製造実績 製造実績
カスタマイズ可能な帳票 カスタマイズ可能な帳票

お問い合わせ

充填ライン稼働管理システムについてご質問、ご不明点等ございましたら、お気軽に下記にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

関連製品・サービス

※以下項目をクリックすると詳細情報を
ご覧いただけます