食品・飲料

数々のトップ企業を、
長年に渡って支えてきました。

分析計自動読み取りシステム

ハンディーターミナルを使用して、分析計測値の入力ミスを撲滅!

概要

品質管理部門における現状と課題

データの転記業務に
時間を要してしまう
  • 分析計に外部出力がないため出力結果を紙帳票に記入後Excelに転記しているが、業務として多くの時間を使ってしまう。
    (Brix計、密度計、PH計、酸度計、分光光度計など)
分析データの入力ミスが
多発していた
  • Excelに転記時に入力ミスが多発してしまう。

分析計自動読み取りシステムとは

分析計等のサンプル測定値を、ハンディターミナルとバーコードを使って検査データの取得、管理をします。
また、これらのデータから帳票を自動作成し、トレーサビリティの仕組みを構築します。
手作業では防ぎきれないヒューマンエラーを防止し、正確な検査データの管理が可能です。

特長と導入効果

  • 時間経過観察が必要なサンプルについても管理可能(バーコード管理)
  • お客様新製品や分析項目はマスタデータで一括管理 → 追加、変更も容易
特長

※OCR機能:
(Optical Character Recognition:光学文字認識)

導入効果

導入前 導入後

分析計に外部出力方法がなく、紙の帳票に手記入していたため、データの入力ミスが多発していた。

ハンディターミナルを使うので、転記ミスがなくなるだけでなく、作業時間が大幅に短縮された。

少量多品種製造により、製品検査手順が増えたことで、検査手順ミスが発生していた。

ハンディターミナルに手順が表示されるので、検査手順ミスがなくなった。また、分析値読取毎に基準値内を逸脱していないか瞬時に通知するため、作業効率がよくなった。

Excelファイルで管理していたため、トレースに時間を要していた。

トレースをするために、複数のExcelファイルの情報を確認する必要があったが、このシステム導入によりPC画面上で簡単に検索できるようになった。

導入前

分析計に外部出力方法がなく、紙の帳票に手記入していたため、データの入力ミスが多発していた。

少量多品種製造により、製品検査手順が増えたことで、検査手順ミスが発生していた。

Excelファイルで管理していたため、トレースに時間を要していた。

導入後

ハンディターミナルを使うので、転記ミスがなくなるだけでなく、作業時間が大幅に短縮された。

ハンディターミナルに手順が表示されるので、検査手順ミスがなくなった。また、分析値読取毎に基準値内を逸脱していないか瞬時に通知するため、作業効率がよくなった。

トレースをするために、複数のExcelファイルの情報を確認する必要があったが、このシステム導入によりPC画面上で簡単に検索できるようになった。

システム構成例

システム構成例

導入事例

某食品メーカ様導入事例

某食品メーカ様導入事例

お問い合わせ

分析計自動読み取りシステムについてご質問、ご不明点等ございましたら、お気軽に下記にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

関連製品・サービス

※以下項目をクリックすると詳細情報を
ご覧いただけます