パイプライン・LNG
プラント向けモータ&
ドライブシステム

国内有数の実績で
業界をリードしてきました。

石油や天然ガスといった天然資源の効率利用と、環境保護を意識したシステムソリューションを手がけられるのは、モータやドライブ装置を自社製品だからです。これらの性能を発揮できる高度なシステムエンジニアリング力があってこそ。こういった大規模なシステムを手がけてきたことでもTMEICは国内だけでなく、世界有数なのも技術力の証です。

コンプレッサ駆動の電動化

コンプレッサ駆動の電動化

エネルギー効率に優れた電動化は、
もはや世の常識です。

ガスやオイルを輸送するのに用いられるのが、液体や気体を圧縮することで推進力を増すコンプレッサ。従来はガスタービン(エンジン)で駆動してきましたが、昨今はモータとドライブ装置で駆動するのが主流です。エンジンに比べるとモータはエネルギー効率やメンテナンス性に優れています。

詳しくはこちら

大容量ドライブ装置

大容量ドライブ装置

巨大なモータの制御は、
巨大なドライブ装置で。

石油や天然ガスといった天然資源を輸送するのに用いるコンプレッサには高さ6メートル、重さ60トンにも及ぶ巨大なモータが使われます。それを制御するドライブ装置も、もちろん大容量。この規模の装置ともなると生産できるメーカーは、世界に10社とありません。スケールの大きな事業を支えるTMEICは、ここでも健在です。

詳しくはこちら

高速大容量モータ

高速大容量モータ

ギアを使わずに、
モータを超高速に。

石油や天然ガスを輸送するのに欠かせないコンプレッサ用のモータです。その名の通り通常のモータに比べて高速回転することが特徴。コンプレッサの回転数を上げるためにモータとの間にギアをはさむのではなくドライブで周波数を上げることでモータ自体の回転数を高めます。ドライブとの合わせ技が得意なのもTMEICの特徴です。

詳しくはこちら