モータドライブ装置

モータを巧みに制御して、
さまざまな産業を支えます。

TMdrive-MVe2

TMdrive-MVe2

ファンやポンプなどを巧みに制御し、
さらなる生産性と、さらなる省エネを。

電力会社、水処理施設、および工場内の動力用ファンなどに用いられるのが高電圧のモータ。それを可変速するのがTMEICのモータドライブ装置です。モータを巧みにコントロールすることで、工場における優れた生産性と、エネルギーコストの削減、CO2削減に貢献する機器です。

3.3kV:200〜1500kVA 4.16kV:500〜1890kVA 6.6kV:400〜3000kVA 11kV:660〜5000kVA

概要/特長

コンバータ回路方式 IGBTコンバータによるマルチレベル
インバータ回路方式 マルチレベルPWM(*1)
インバータ回路素子 IGBT
冷却方式 強制風冷
出力電圧 3.3 / 4.16 / 6.6 / 10 / 11 kV
最大容量 3.3kV:1500kVA、4.16kV:1890kVA、6.6kV:3000kVA、11kV:5000kVA
過負荷耐量 110%-1分間
最高出力周波数 60 / 120Hz(3.3/4.16/6.6kV)、60/72Hz(10/11kV)
速度制御方式 センサレスベクトル制御、V/f (*2)制御
対象モータ 誘導モータ、同期モータ
用途 単機用途一般、風水力機械、押出機、ミキサー、キルン、攪拌機など
特長 回生運転、商用同期、省スペース、瞬低再起動、電源高調波を低減、標準モータを駆動、速度センサ不要
回路図 入力変圧器
入力変圧器 3.3kV回路の場合
3.3kV回路の場合
入力変圧器
入力変圧器 6.6kV回路の場合
6.6kV回路の場合

  • *1 PWM:Pulse Width Modulation
  • *2 V/f:Voltage/Frequency

製品の特長

高圧モータを直接駆動。

  • 直列多段インバータの採用で、ほぼ正弦波の高電圧を直接出力。
  • 高調波フィルターも、変圧器も不要です。

電源に優しく

  • PWMコンバータの採用で電源高調波を大幅低減し、力率も100%。
  • 電源安定化設備の増設は必要ありません。

回生運転可能

  • PWMコンバータの採用で回生運転に対応。
  • 更なる省エネ用途にも、急加減速用途にも適用可能です。

導入コストを最小限に

  • 長寿命ファンの採用でメンテナンスコストを大幅低減。
  • さらにコンパクト設計で電気室の工事費、製品の輸送費を削減。

特徴簡易比較

  TMdrive-MVe2 TMdrive-MVG2
回生運転
容量 小容量にスコープ 大容量モデル有

省エネ用高圧インバータファミリー

省エネ用高圧インバータファミリー

適用分野

TMdrive-MVe2は、あらゆる産業分野の交流モータの可変速用途において、
省エネルギ−や機械の性能向上などに幅広く採用されています。


適用分野

省エネ効果例

送風機駆動の場合を例にとると、送風機の風量制御を行う手段としては、従来のダンパー制御(吐出側)に代えて、モータ駆動にインバータを使用して風量制御するように変更した場合を考えてみます。

下の図にダンパー制御の場合とインバータによる可変速制御の場合のモータの消費電力の違いを示します。
図から、風量を60%としたとき、インバータ制御は、従来のダンパー制御に比べて、約60%の省エネを達成することができます。
例えば、600kWのモータで、年間の定収期間を30日とした場合、


  1. 1.ダンパー制御の場合の年間電力量
    600kW×0.9×24H×(365-30)日
    = 4,341,600kWh
  2. 2.インバータ制御の場合の年間電力量
    600kW×0.3×24H×(365-30)日
    = 1,447,200kWh
  3. 3.省エネ効果
    ・年間省エネ電力量 = (1)-(2)=2,894,400kWh
    ・電力料金を1kWh=10円とした場合、2,894,400kWh×10円の
    約2,894万円分もの電力料金が、1年間で節約できることになります。
省エネ効果

関連製品・サービス