食品・医薬品

数々のトップ企業を、
長年に渡って支えてきました。

調合誤投入防止システム

ハンディーターミナルとバーコードを使って製造前照合、誤製造防止!

特長と効果

  • 原料の情報をハンディターミナルで読み取り、品種を管理
  • OCR機能を使った読み取りも可能
  • ハンディターミナルで読み取った情報、サーバ上の登録情報をバーコード化してラベル発行。原料に貼り付けて管理・運用
  • 使用する原料や重量は、「製造計画」「レシピ」と照合
  • 製品トレーサビリティ、自動帳票作成機能により実績データを記録・管理
  • システムサーバにて各マスタ登録、データ収集を 実施。製造計画やレシピ登録、SOPも登録可能
  • 各作業手順をハンディターミナルで表示

※OCR機能:
(Optical Character Recognition:光学文字認識)

特長

導入効果

機能 導入前 導入後
配合計画連携 製造計画を紙ベースで確認しながら調合していた 製造計画を、本システムにボタンひとつで展開できるようになった
作業手順・レシピ 定型文登録機 紙ベースの手順書やレシピを見ながら調合していた 事前に登録した任意の文章をハンディターミナル上で確認しながら、調合作業を行うため、作業ミスの心配がなくなった
風袋引機能 秤の風袋引きボタンを押した後に計量していた ハンディターミナルの「風袋引きボタン」ひとつで、風袋重量が0になりすぐに正味量測定ができるようになった
原料毎計量 製造指図毎に計量していた 原料毎に、異なる製造計画分をまとめて計量。作業効率が向上した。 また、複数製造ラインの同時計量対策で、バーコードラベルの一部を 色分けし、ラベル貼付間違いを防止できるようになった
原料複数ロット投入機能 原料の余りについては、管理をしていなかった 計量の際、原料の余りは次の計量の際に使用。原料のロスが減少した
開封後使用期限更新機能 原料開封後の使用期限を管理していないため、開封後の余りは処分するケースがあった 開封後原料の賞味期限を再設定し、高品質の維持を目に見える形で残すことができるようになった
禁止ロット機能 対象ロットの原料を人が使用前にチェックするため、チェック漏れの恐れがあった。 また、チェック作業に時間がかかっていた 問題が発生した原料を使用禁止に設定できるので、問題のある原料を使ってしまう危険がなくなった
エラー解除グレード設定 エラーグレードによらず、一個人で判断、対処していた エラーのレベルにより、解除者のグレードを設定することで、一個人に依存しない組織的な操業ができるようになった
官能チェック機能 決められた帳票(紙ベース)に手書きをしていた ハンディターミナル上で官能検査の結果登録をするため、転記の必要がなくなった

関連製品・サービス

※以下項目をクリックすると詳細情報を
ご覧いただけます