CSR・環境・社会貢献

日々の事業活動を通じてCSRを推進し、
社会の持続的な発展に貢献します。

コンプライアンス

企業倫理

TMEICは、グローバル化の進展やエネルギー問題、環境問題等、社会情勢が急速に変化する時代にあって、変化に対応した高付加価値・高品質のシステム・製品・技術・サービスを提供することで産業の原動力となりお客様と社会の進歩に貢献するプロフェッショナルによるエクセレントカンパニーを目指し、世界中で事業活動を展開しています。

昨今、「法社会化」といわれるように、企業を取り巻く社会の価値観は変化してきており、企業は公正、誠実で透明性の高い企業であることを強く求められています。コンプライアンス違反を起こした企業は、会社・事業の存続を揺るがす事態になりかねません。

一方、地球温暖化をはじめとした環境問題が深刻化しており、環境問題を解決し、持続可能な社会を実現していく必要があり、企業の存在価値として地球環境負荷低減と社会の持続的発展への貢献が求められています。

このような状況の中で、企業が責任ある社会の一員として認められ、将来にわたって成長を続けていくためには、企業の役員・従業員の一人一人が、法律や規則等を遵守することはもちろん、高い倫理観や品位をもって公正で誠実な事業活動を行い、信頼を勝ち取っていくことが不可欠です。

TMEICでは、すべての役員・従業員がTMEICの果たすべき役割を認識し、日々の事業活動における行動の指針とすることができるよう、「TMEICグループ行動基準」を制定、運用しています。

内部統制

TMEICは、企業活動において、高い企業倫理とコンプライアンスを経営の基本としています。公正で透明性の高い行動に努めるとともに、経営の監督機能を担う取締役会や監査役会、内部監査部門、内部通報制度等による内部統制を確立してコーポレートガバナンスを徹底しています。内部監査部門では、法令や各種社内規則・規程に沿って業務運営が適切に行われているか社内および関係会社を確認する活動を行っています。

リスク管理体制については、社長からの権限移譲を受けて全社のリスク管理をつかさどる全社リスク管理責任者を任命し、全社・拠点のリスク管理委員会において、リスク管理活動や推進状況の周知徹底、実行フォローを定期的に行っています。社内の各部門長は、定常業務の遂行にあたり自らの責任においてリスクに対応しコントロールすることを基本としており、日常のリスク管理活動の中でリスク予知・予防活動および自己点検を行っています。

各事業において法令遵守はもとより、健全な商慣行、社会通念にしたがった営業活動を徹底しています。独占禁止法等の遵守に係るガイドラインを定め、これに則って自由で公正な競争に努めています。また、情報の財産価値を認識し、営業活動で得られた情報について、営業秘密、個人情報等を含めて適正な方法で入手し管理しています。

内部統制体制