3

どれぐらい使われているの?

高品質で先進的なTMEICの製品・技術・エンジニアリングは、 国内そして世界の市場へ多く納入されています。
新しい時代を切り拓くプロフェッショナル集団として、 実際にどれだけのものづくりに貢献しているかをご紹介します。

海外売上

設立以降125ヶ国向けに納入

海外売上比率の遷移

海外売上は順調に拡大しております。海外売上比率60%を目指します。

グローバル展望と実績 日本No. 1から世界トップグループへ

TMEICは、日本国内では製造業プラント向け電気設備の分野でトップクラスのシェアを有していますが、さらなる成果を目指して、事業のグローバル化を推進中です。各地域向けの製品ラインアップや、各国向けの工場規格や電気事情に対応した製品の開発や増産を進め、サービスやサポートも増強するなど海外でのシェアも高まり続けています。

地域別売上比率(2015年 単独ベース)

「グローバル」と「グローカル」TMEICが目指す、地産地消

真のグローバル化を目指す為に、TMEICは地産地消を実現します。

北米、中国、インドに合計4か所のパワーエレクトロニクス工場を、インドに1か所のモータ工場を設立し、各種モータ、PV-PCS、インバータなど最新のグローバル機種を生産・販売しています。

更に、インドには販売とエンジニアリングの組織も整備し、モータ工場とパワーエレクトロニクス工場と併せて「グローバル版TMEIC」を実現しました。

地元に根ざし事業拡大すると共に、近隣諸国にも活動の範囲を拡大していきます。

真のグローバル化を目指す為に、TMEICは地産地消を実現します。

天然資源の効率利用と環境保護に貢献している
大容量モータ&ドライブ

中国の国家的なオイル&ガスのプロジェクトにもTMEICの技術が導入されています。

中国の主要ガス田は西部に集中しており、東部沿岸地域まで約4,200キロのパイプラインを通して大都市へ送る大規模プロジェクトに大容量モータ&ドライブを納品しました。いくつかのパイプラインがありますが、第1線は2000年に着工し完成。現在3期工事が進行中です。TMEICは2010年度に第2線西側プロジェクトのガスパイプラインのコンプレッサ用に、超高速大容量モータ及び電圧型可変速ドライブ装置を含む電気設備12セットを納入。翌年度、東側も西側同様に受注し、2012年から順調に稼働しています。

西気東輸MAP-西気東輸パイプライン第1・2・3ルート

売り上げ世界NO.1を獲得(容量99kw超部門)

太陽光発電システム用パワーコンディショナ

世界的な調査会社であるIHS Technologyが2015年4月に発表した「PV Inverter Market Tracker」において、TMEICは太陽光発電システム用パワーコンディショナ(容量99kW超部門)の2014年売り上げ規模で世界第1位を獲得しました。

国内及び世界的主要市場、そして成長著しい米国・インド・中国市場で販売が拡大しています。また、アジア企業で同部門で世界第1位にランキングされるのはTMEICが初めてになります。

※99kW超市場における2014年度IHS Technologyによる調査
(Preliminary Global Three-Phase Hgih Powe (>99kW) PV Inverter Supplier Market Ranking)