社員紹介

小南 伸正

巨大な製品を現場で据え付ける
高い技術を提供する最終工程を担う

施工管理

産業第二システム事業部
産業システム建設統括部
システム建設工事課

小南 伸正

2009年入社

技術力を安全面から支える、縁の下の立役者

image

私が担っているのは当社で製造したモータやドライブ装置などを鉄鋼プラントに据え付ける仕事です。TMEICの製品は技術力があり世界でも高く評価されていますが、工場での出荷検査が完了していても現場の据付がうまくいかなければお客様には満足いただけません。

何十トンもあるモータや1トンを超える制御盤などを扱うので移動を計画するときは非常に神経を使います。据付作業に与えられた期間は限られていますから、エラーを起こさないためにもお客様と私たち、私たちと作業員の方々の間で言葉をかけ合います。確認とコミュニケーションが大切になります。

私たちの仕事はTMEICの品質だけではなく、安定した運用を決める最終工程になります。TMEICの技術力を安全面から支え、お客様に最善の状態でお渡しできるよう、緊張感を持って作業しています。

台湾での単独出張が自分を成長させてくれた

image

私がこの仕事で成長できたと感じたのは一人で任された台湾の案件を経た経験がきっかけです。入社4年目で1カ月滞在して現地の電気工事を取りまとめるプロジェクトだったのですが、図面は理解できても現場への指示や細かいニュアンスを伝えることにとても苦労しました。今からふり返ると現場経験が少なかったからだと思うのですが、当時は先輩からメールや国際電話でアドバイスをいただきながら必死に対応したのを覚えています。工事を無事に終えたあとはお客様から感謝の言葉をいただき、この仕事は本当にたくさんの力を結集して形になるのだと実感しました。

また、一人で現場に出るということは、自分がTMEICの顔になるということです。自分の対応力がそのままTMEICの対応力だと捉えられます。この案件で現場では何事も一人で判断するという決断力と実行力も身につけられました。

本物のプロフェッショナルから生きた情報を引き継ぐ

image

TMEICには東芝と三菱電機の両先輩がいて、どちらも知恵と技術の蓄積が豊富にあります。仕事を通して真剣に向き合っていくたびに「本物のプロフェッショナルとはこういう人なのか」と感嘆します。ただ専門的な分野に詳しいだけではなく、自分の生きた経験を糧に仕事をしている。こういった先輩方から直接話を聞けたり、学ぶことができるのはTMEICならではの醍醐味の一つです。

先輩の方々が築いた知恵と技術を絶やさないため、通常の報告書とは別に現場での写真や課題を抽出した報告書もまとめています。そのたびにTMEICのDNAがしっかり自分の中へ受け継がれていることが実感できます。ぜひ次の世代にも引き継いでいきたいです。