社員紹介

吉田 瞳

研究プロセスの経験が仕事につながる
食品工場に求められる
厳しい仕様に応える提案力

営業(営業技術)

産業第一システム事業部
産業システムソリューション技術部
技術第二課

吉田 瞳

2011年入社

面接で「人を大切にする会社」だと感じた

image

第一印象は「人を大切にする会社」でした。私は大学院で光学を学びつつ専攻にこだわらない就職先を探していたのですが、TMEICのOBの方や面接官の方は私の希望や考えをしっかり受け止めてくれ、きっと社内でも一人ひとりが大切にされる会社なのだと感じて入社を志望しました。

入ってからもその印象は変わっていません。今の部署でも性別にこだわらずに個性が尊重され、学びたいときは積極的に背中を押してもらい、困ったことがあれば先輩が相談に乗ってくれます。とても働きやすい職場です。

暮らしの近くにあるTMEICの技術

image

TMEICは社会インフラを支えるパワーコンディショナや回転機の開発実績が注目されますが、実は大手プラントの重要な設備やシステム導入の実績も豊富です。就職活動をしている後輩には「もっと生活に近い場所でも活躍の場がある」という点をよく伝えています。たとえば私が担当しているのは国内向け食品工場用の監視制御システムやエネルギー管理システムで、主にビール工場とお取り引きがあります。海外以上に食品に関する条件は厳しく、どのメーカーでも省エネや環境負荷低減への意識は非常に高いです。

その中で私たちはお客様が本当に求めているシステムを理解し、高い技術力で応えなければいけません。言葉だけでは伝わりにくいので、私はその場で簡単なイラストを描いて「こういうことですか」と聞いて課題を共有しています。図になると考えていたことが一気に具体化されるのでお客様も情報の共有がしやすいようです。お客様の意図を共有したあとに技術チームへの橋渡しを担います。

専攻外の分野でも能力を発揮できる

image

大学院での専攻は光学で、どちらかといえばアナログな世界です。デジタルで構成されるシステムとは真逆かもしれません。たしかに光学知識そのものを使う機会はないのですが、研究者として過ごした経験は十分生かされています。

たとえば解決策を提示したあと、どこから切り込んで何をするべきなのか、課題を掘り下げて方法を組み立てていくプロセスは研究活動と似ている点が少なくありません。また、細部にわたって物事を観察する力も研究活動で培われました。

TMEICには、個人が積み上げてきた考え方やものの見方を尊重する社風があります。皆さんも現場で能力をどんどん試し、スキルを磨いてください。