社員紹介

臼木 一浩

社会インフラの電源を支える装置
開発と設計の両輪で仕事に貢献できる

開発・設計

パワーエレクトロニクスシステム事業部
パワーエレクトロニクス部
開発・設計第一課

臼木 一浩

2008年入社

大容量の産業用機器で社会に貢献したい

image

パワーエレクトロニクスの分野は、小さなものを組み合わせて大きな働きを担う装置を扱います。代表的なものでは鉄道や電力変電所で使う電力変換装置などがあります。国内で大容量の産業用機器を扱える企業は限られていますので、社会インフラを支える大きな仕事をしたくて入社を希望しました。

TMEICが扱う装置は系統や電圧の安定化に寄与し、大規模な工場や電力会社には欠かせません。私が携わった装置もいくつか納品されました。打ち合わせで現場に行くと納品した製品が大きな工場に置かれていることがあります。インフラを支えている様子を間近で見られるので、そのたびに自分の仕事が社会とつながっていることを実感します。

第一線の技術を応用できる楽しさ

image

TMEICは東芝と三菱電機の2社から受け継いだ技術力と信頼性があり、国内で圧倒的なシェアを誇ります。専攻がパワーエレクトロニクスだったので仕事で第一線の技術に触れられるのは魅力の一つです。

また、TMEICでは開発と設計が同じ部署で行われるので、実機に成果を盛り込めるのが魅力です。お客様のニーズをお聞きすると既存の技術では対応できない部分も出てくるので、その際に「この機能を開発すると実現できます」と提案して開発要素が決まり、受注と同時に開発が進められるからです。開発した内容は論文にまとめることもあり、私も無効電力補償装置について海外での発表を経験しました。

設計方針を決めて装置を製作

image

私の所属している部署は比較的早い段階で仕事を任されます。私は1年目に既存の製品をお客様の仕様に合わせて作り込むところから始め、2年目には早くも一つの装置を担当させていただきました。

先輩に教えていただきながらではありますが、担当になれば自分なりの設計方針に沿って製作することができます。設計上は動くはずなのですが実際の結果は試してみないとわかりません。構想から携わったものがしっかり設計通りに動いたときはエンジニアとして感激もひとしおです。

今は海外向けの製品も設計しています。面白いことに国内と海外では設計思想が異なります。日本ではお客様ごとの特殊仕様が多く、特殊部品を製作して使うことがあります。一方、海外では規格に基づいた標準品を求められ、世界中で広く市販されている汎用部品を使う仕様が歓迎されます。異なる市場背景から学ぶ点が非常に多くあります。

設計は奥深いものです。これからも常に新しい情報を取り入れながら、世界中のお客様に対して信頼される製品を作っていきたいと思います。