社員紹介

龍田 充洋

特大形モータを徹底的に検証する
職人の技術を次世代に伝える役目

品質保証

回転機システム事業部
大形回転機第二部
品質保証課

龍田 充洋

2008年入社

社会インフラを支える巨大モータ

image

私は大学時代、モータに関連する研究をしておりました。工場見学の機会を得て「TMEICではこんな大きいモータを作っているのか」といった印象を強く受けたのを今でも覚えています。発電所関連をはじめ、鉄鋼やガスを扱うインフラ関連のモータは大きなものばかりです。TMEICなら専門知識を社会インフラに役立てられると考え、入社を志望しました。

現在は品質保証課に所属しており、まさに工場見学で出会ったような特大形モータを検査しています。お客様が要求している仕様と検査項目が合っているのかを精査して検査を行います。実際に製品を使用するお客様から「あなたが担当でよかった」と声をかけていただいたときは、自分の仕事で安心を届けられたのだと実感できてとても嬉しかったですね。

歴史ある2企業の蓄積された技術を存分に生かせる

image

昔なら品質保証の技術は先輩の背中を見て覚え、同じようにして後輩に伝えていく教育方法が一般的でした。しかし今は事業規模も大きくなり、検査項目や製品の種類も増え、習得しなければならない知識も多くなり、従来の教育方法ではカバーできなくなっています。そこで所属する誰もが参照できるマニュアルを作成するプロジェクトが新たに立ち上がりました。私は検査作業を行いながら手順をまとめ、マニュアルを形にする業務も担当しています。

TMEICは東芝と三菱電機のDNAを受け継いだ企業になりますので、2社分の技術が蓄積されています。品質保証分野も例外ではなく、手順一つを文章化する際にもその知識の厚みに驚いています。東芝、三菱電機、各出身の先輩からも直接教えを受けられる環境はとても恵まれており、日々、貴重な経験をさせて頂いています。

ちょうど昔ながらのものづくりとシステム化の過渡期といえるかもしれません。一抹の寂しさはありますが、自分が進めている作業は2社の技術の知恵を融合させ、これからのTMEICで脈々と受け継がれていくものとなりますので、責任感を持って取り組んでいます。

他部署との調整で品質を磨いていく

image

私は入社時から約3年半、設計管理に配属された後、品質保証課に異動となり4年半経ちました。製品製造の入口と出荷前の出口という正反対の仕事ですが、間のプロセスを意識できるようになってからは製品に対する知識が格段に増えていることを実感しています。

さまざまな部署と交渉を通じて知り得たことは、問題を早期に解決するためには各部署で100%の要求をまずは提示し、そこからお互いが納得できる解決法を探って結論を出す方法がベストだということです。初めから妥協してしまうと不満や曖昧さが残り、真の解決にはなりません。TMEICは意見がぶつかる業務でも年次をあまり意識せずに議論できる社風があります。それはお客様に最高の製品をお届けするという目標に一丸となって、皆が向きあっているからだと思います。