社員紹介

謝 錦霞

巨大なモータを設計する
常に上をめざす先輩から
刺激を受ける毎日

開発・設計

回転機システム事業部
大形回転機第一部
設計課

謝 錦霞

2009年入社

限られた条件で最大のスペックを見出す

image

私が担当しているのは産業用モータの電気設計になります。お客様の要望に合わせて、モータの特性や体格を決めていくのですが、設計する製品は人の背丈の何倍もある大型のものも多く、大規模なプラントで動力源として活躍しています。一般の方の目には触れない場所にありますが、実は隠れたところで貢献している、という点を誇りに感じています。

最近は環境に配慮した設計仕様を依頼されることも増えています。すでに設置された発動機の置き換えであれば同じ体格でも最新のニーズを捉えたモータが求められますし、従来に比べてエネルギーを有効に使う高効率化も必要になります。クリアするべき特性と限られた体格のバランスをとるのはとても難しいのですが、難解なパズルを紐解くようでやり甲斐を感じています。

工場見学で感動したモータを今、自分で設計している

image

もともと工学に興味を持っていて中国では高校から電気電子を学びました。当時ブラウン管テレビを一から作るという実習があり、基板組立から溶接までを自分の手で行ったことがあります。小さなものではありましたが、しっかり受信して映像が映ったときは感激しました。電気の面白さが忘れられず、日本へ留学したあとも同じ学科を選びました。

就職活動時に工場見学の機会をいただき、とにかく「大きなものを作っている」という印象が強く残っています。自分の想像を超えた巨大な構造物が並ぶ姿を見て、初めてこれほど大きなモータが存在するのだと知りました。これがきっかけで強大な動力に支えられている産業世界に興味が湧き、入社を志望したのですが、今はまさにそのモータの設計を行っています。

経験するほど実感する技術の奥深さ

image

入社して思うのは、学校で得た知識はとても限られているということです。仕事の内容や深さから考えると学校で学んで生かしている知識はほんの一部。ほとんどはさらに技術を深掘りする専門用語や、設計するために必要な計算式など、現場で覚えていくものばかりです。もちろん最初は何もわからずに先輩方から一つ一つ教えてもらいました。入社7年目になり、ようやく設計について提案をできるまでになっています。

しかし先輩方を見ていると、この仕事は10年20年続けていてもさらに上があるのだなと感じています。技術は毎日進歩し、製品やお客様のニーズは絶えず変化しているからです。現状に満足している先輩はいません。私も常に向上心を持って設計の知識や技術を磨いていこうと思っています。