無停電電源装置(UPS)

電源を絶やさない。
休むことなく働き続けます。

E100

E100

停電のような不測の電源トラブルから、プラントなどの重要設備を守ります。

台風や落雷といった自然現象のほか、あらゆる不測の事態によって起こりかねない停電を完全に避けることはできません。そこで「UPS(無停電電源装置)」の出番です。大容量のF200やE100は、どんなトラブルが起きたとしても、決して停まることを許されない工場などの重要設備を動かし続ける電源装置として広く使われています。

三相200V 入出力 50〜1500kVA

概要/特長

■2500kVA大容量システム

  • UPSで大容量システムを構成する場合、高い信頼性を維持する必要がありますので、冗長性をもたせながらシステムを構築します。
  • 並列冗長システムにより2500kVAを構成する場合、例えば6台×500kVAで並列システムとし内一台で冗長性をもたせます。

■低騒音化で耳障りな音を低減

  • 新しいPWMインバータ/コンバータの制御方式により、PWM特有の耳障りな騒音を低減しました。

■大形液晶タッチパネル

  • 運転状態を、大形液晶パネルに表示し、表示画面を直接指で触れて操作できますので、直感的に操作することができます。
大形液晶タッチパネル
多様なシステム構成が可能
並列冗長運転による高信頼システムが構成可能

■高効率93%(500kVAにて)

■交換部品の長寿命化

  • 冷却ファン 3年→8年(周囲温度25℃)
    電解コンデンサ 8年→15年(周囲温度25℃)