モータドライブ装置

モータを巧みに制御して、
さまざまな産業を支えます。

TMdrive-10e2

TMdrive-10e2

モータを巧みに制御して、工場の生産性を最大化します。

「モータを動かす」という点から、みなさんの生活を支える幅広い産業の動力を生み出す装置。これがTMEICのモータドライブ装置です。幅広いランナップをほこるTMEICのモータドライブ装置は、高い性能、優れた省エネ効果で知られています。

460V:Max.1800kVA 690V:Max.2400kVA

仕様

項目 標準仕様 オプション・備考
準拠規格 IEC、cULus、CE/ JIS、JEM、NEMA cULusは使用定格575Vまで適用
設置場所 室内  
標高 1000m以下  
周囲温度 0〜40℃  
相対湿度 5〜95%以下(結露なし)  
定格出力 2~2400 kVA  
過負荷耐量 150%-60秒 200%-60秒、100%連続OL無し
コンバータ コモンコンバータの方式 IGBTコンバータ ダイオード サイリスタ  
入力電圧 460Vモデル 440/460Vac 460Vac 680Vac
690Vモデル 690Vac 750Vac 990Vac
許容電源電圧変動 ±10% ±10% ±10%
回生方式 電源回生 回生なし 電源回生
制御電源 AC3Φ 200V-50Hz または 220V-60Hz  
最高回転速度 6000min-1(4Pモータ)  
最高周波数 200Hz  
制御方式 ●速度制御 ●速度センサレスベクトル制御
●トルク制御 ●V/F制御
●ドルーピング付速度制御  
●自動界磁弱め付速度制御  
速度制御精度 ±0.01%*1 ±0.2%(センサレスベクトル制御/単機駆動の場合)
速度制御応答 ωc=60rad/s*1,*2 ωc=20rad/s(センサレスベクトル制御/単機駆動の場合)*2
速度制御範囲 0〜100%*1 3〜100%(センサレスベクトル制御/単機駆動の場合)
界磁弱め範囲 1:5 1:1.5(速度センサレスベクトル制御)
負荷特性 定トルク特性 定トルク特性
キュービクル構造 前面保守、鋼板製半閉鎖自立盤(IP20)
(多段積構造-250フレーム以下)
自立盤:IP32
塗色 5Y7/1  
ケーブル接続 盤下部  
駆動電動機 かご形誘導電動機  
電動機台数 1台 複数台並列
速度センサ ブラシレスレゾルバまたはパルス発信器 速度センサレス
  • ∗1 ブラシレスレゾルバまたはパルス発信器採用の場合
  • ∗2 モータ単独運転時

多段積タイプ
自立盤タイプ
自立盤タイプ(ツンドラタイプ)

関連製品・サービス