パッケージ・
ソフトウェア

倉庫での仕事を効率化。
現場の声から生まれたソフトウェアです。

検品システム 検品Producer

入・出荷数のチェックや、
棚卸しをシンプルにするソフトウェア。

倉庫を出入りする商品についたバーコードを読み取ることによって、入荷数や出荷数のチェックをすばやく正確に少人数で行えるのが「検品Producer」です。商品の誤出荷を防ぐ「最後の砦」として利用されています。これを活用すれば定期的な「棚卸し」も格段と楽に。得られた在庫情報はPCに取り込み、簡単に管理できます。

従来のペーパー主体の引き継ぎ業務からトレーサビリティを確保出来た引き継ぎタスクを実現(素材製造業K社)

課題

S社では、細部のディティール違いを見落としがちな類似部品を多く製造しているため、目視による検品作業では人的ミスを誘発する課題として以前から取り上げられておりました。
また、検品ミスが起こる度に製造ラインが停滞してしまう為、納期が延びてしまうこともあり、検品プロセスの改善が急務となっていました。

検品システム・検品プロデューサー
特徴と導入効果

目視による検品ミスが製造工程の悪循環を招く。

目視での検品作業の時、製品の取り間違いがあったり、手書きリストへの記載ミス、発注システムへの入力ミスなどの検品ミスによる問題が発生するだけでなく、在庫管理も非効率になる為、棚卸しにも莫大な時間が必要でした。

S社は、この悪循環が招く作業工程の見直しを常に課題と考えていました。

製造原価にも大きな影響を与える検品作業。

過去に製品リストに誤記載があり、十分な在庫があったにも関わらず再度発注するという誤発注が発生したこともあります。
S社では、特殊素材を扱う部品を製造しているため、製造原価が非常に高く、誤発注が会社へ与えるダメージも少なくありません。

資材部門の担当者は、大きなミスが起きた場合の経営インパクトを考慮し、検品作業の正確性を解決することを最優先課題としました。

検品Producerを選んだ理由

管理画面サンプル

検品システムの導入で作業の効率化と、入出荷のミスが減少

製品や各素材にバーコードを設置し、ハンディターミナルで読み取る方法により、検品作業を正確に行えるようにすることで、これまでに起こっていたミスを大幅に減らして防ぐことができると考え、『検品Producer』の導入を検討。

情報をリアルタイムで把握でき、作業効率も上がることが容易に想像することできたため、導入に至った。

導入効果

  • 既存の受発注システムとの連携し毎日の棚卸しが四半期に1回に
  • 出荷品質の向上により納品先の満足度もアップ
返品実績を収集して、返品受け付け業務を改善!!

検品作業のシステム化と既存受発注システムのシナジー効果

S社の場合、『検品Producer』による検品作業のシステム化と、既存の受発注システムを当社にてカスタマイズしました。これにより、リアルタイムの在庫数や入出荷の状況を正確に把握することで、数字の整合性が迅速に把握できるようになりました。

これまで毎日行われていた棚卸しの作業も、四半期に1回になり、仕事効率も格段上がりました。

作業実績と進捗の可視化、ハンディーターミナルとバーコード導入での作業の簡略化、さらには出荷品質の向上と安定により納品先の満足度が上がっていることで、このシステムを導入した時に起きた様々な効果を実感できたとのことでした。

関連製品・サービス