ソリューション

プラントが抱える問題を、
ソフトとハードを駆使して解決します。

監視制御システム TMPLAUDIA

次世代エンジニアリングツールを搭載したPC+PLCシステム。

長年培われたエンジニアリング力を散りばめた監視制御システムを実現。常に現場に近いTMEICだからこそ出来た機能を持つシステムです。

監視制御システム TMPLAUDIA

特長

多点IOで高パフォーマンス
  • 機器台数2000点規模をDCS並みのパフォーマンスで実現
エンジニアリングツールの充実
  • HMI/PLCを意識しないエンジニアリングツールの搭載
  • オンラインでの書き込みも可能
省エンジニアリングの実現
  • アドレスを意識しないエンジニアリングの実現(固定メモリ化)
  • 豊富な標準タグ計器の準備

■汎⽤品の組合せでシステム構築可能

汎用品を使用するため、既設機器の流用が可能
汎用品を使用する為、既設稼動設備の流用や予備品の転用等、ハードウェアとしての制約が少なくなるメリット有り!
汎用品の組合せでありながら、容易なセットアップを実現
販売メーカとの技術確認による細かな設定、チューニングも含めてセットアップ情報を手順書に纏める事で、誰にでもセットアップが可能となるようにドキュメントを整備!
システム構築費を安価に抑え、短期間の導入が可能
タグ計器やシーケンスのテンプレートは最小のエンジニアリングで使用可能となる為、エンジニアリングコスト削減による短納期導入の対応も可能!
機器台数1000点規模で当社比30%の削減 機器台数1000点規模で当社比30%の削減
  • 機器点数1000点
  • フロー画面20画面
  • 制御ループ30ループ
  • シーケンス20工程

■汎⽤性の⾼い監視制御システムの実現

取り扱う機器点数も~2000点程度まで可能
メモリ構成の最適化や伝送の最適設定等による、機能を最大限に発揮できるような最適調整を実現する事で、多点数も可!
ユーザの意向に合わせた機能カスタマイズも柔軟に対応
タグ計器の操作方法やアラーム表示等、既存の運用に合わせる必要があれば、標準機能のカスタマイズも柔軟に対応が可能!
各種分野の運転方案に対応可能なSEQテンプレート
自動制御シーケンス等は、製造対象となる設備や操作場所等で必要となる機能が異なるが、今まで導入した実績を反映して、様々な分野の自動シーケンスに対応可能なテンプレートを準備!
汎⽤性の⾼い監視制御システムの実現

■容易なタグ追加が可能なエンジンツール

高度な知識が無くても機器追加可能なツールの提供
機器リスト(IOリスト・機器台帳)を作成する感覚で登録をすれば、タグ計器追加が可能なエンジニアリングツール!
HMI~PLCを一元管理するエンジニアリングツール
HMIとPLCを分けて考えず、タグとして一元管理されている為、ユーザがプログラムの書込み先を意識せずにタグ追加が可能!
ユーザにて追加・改造した内容はドキュメントに自動反映
ソフト改造後のドキュメント反映漏れを無くす為に、改造した内容を機器リスト(タグリスト)に変更履歴と共に自動反映!
容易なタグ追加が可能なエンジンツール

システム構成

TMPlaudiaシステム構成

TMPLAUDIA機能

  • オペレータの負荷低減につながる操作性
  • 異常発生の迅速な気づきを促す機能
  • 操業データの分析作業をサポート

■アラーム管理機能

TMPlaudiaアラーム管理機能

■操業分析機能

TMPlaudia操業分析機能

■運転操業機能

TMPlaudia運転操業機能

仕様

■ハードウェアスペック

項目 仕様 備考
SCADAPC HW CPU仕様 Corei7 2.3GHZ
主メモリ仕様 4GB以上
HDD仕様 160GB以上 RAID構成
OS Windows7(32BIT)
Ethernetポート 1Gbps以上 3ポート 工場LAN、プロセスLAN、メンテナンスLAN
MW iFIX Ver5.8
IOドライバ 三菱電機 OPC Server Suite
EX5-MITSU-NA00
MS-Office Excel2013
VIEW HW CPU仕様 特に指定無し 指定スペックは無いが、画面展開スピード等への影響有り
主メモリ仕様
HDD仕様
OS
Ethernetポート 1Gbps以上 2ポート 工場LAN、メンテナンスLAN
MW iFIX Ver5.8
IE IE8以上
PLC HW CPU仕様 採用機種による 推奨機種:三菱製 Q26UDPVCPU
メモリ 採用機種による 推奨機種:三菱製 Q2MEM-1MBS 以上
ヒストリアン(オプション) HW CPU仕様 Corei7 2.3GHZ
主メモリ仕様 4GB以上
HDD仕様 160GB以上 RAID構成 実績データの蓄積期間による
OS Windows Server 2008 R2(64BIT)
Ethernetポート 1Gbps以上 2ポート 工場LAN、メンテナンスLAN
MW Historian Ver5.5
MS-Office Excel2013

■システムスペック

項目 仕様
機器接続数 PC: 最大4台/システム
PCL: 最大8台/システム
タグ点数 2,000点程度/システム ※1
iFIXデータベースブロック数 5,000点/システム ※1

※1 システムのタグ点数は、タグ計器として2,000点程度を最大としています。但し、下記の通り計器種別毎に必要データベースブロックが異なるため、実際の登録制限として、データベースブロック数の制限範囲内にする必要があります。

■PLC当たりの最大登録点数(例:MELSEC Q26UDPVCPU)

項目 仕様
PLCタイプ TYPE-S
バルブ SOV/DOV 120
モータ・ポンプ MOT1/2 80
指示計 IND 120
連続制御 PID/MA 480 ※2
PID(32)※3
積算計 PST 480 ※2
行程スイッチ PSW 16
押釦SW/ランプ PBL/LP 80 + 80 ※4

※2 連続制御機器(PID/MA)と積算計(PST)の合計で480とする。(PX-Developerの計器MAXによる制限)
※3 連続制御機器のPID計器の推奨最大点数(CPU処理ソフトとソフト容量のバランスによる)
※4 押釦SW/ランプ計器は、常時スキャン(コンスタント)80点で、表示時スキャン(ディスプレイ)80点

関連製品・サービス