ソリューション

プラントが抱える問題を、
ソフトとハードを駆使して解決します。

電子操業日誌(PlantLogMeister)

PlantLogMeister

プラント情報の一元化による操業現場のスマート化を実現

プラント操業において人の知識や経験を共有し、ナレッジ情報として活用することは、安全・安定操業する上で極めて重要です。PlantLogMeisterは、交替勤務における申し送り情報を効果的に蓄積し、製造現場にある様々な情報と連携できる製造革新ソリューションです。これらの情報をもとにお客様の業務に合わせた最適なソリューションを提供し、操業管理のスマート化をサポートします。

概要・活用効果

電子操業日誌 PlantLogMeister は、製造部門における操業日誌(運転日誌、引継簿、申し送り帳等)を電子化し、スケジュール、設備管理などの情報と連携した電子申し送りシステムです。

PlantLogMeisterの活用効果

特長

簡単に分かりやすい日誌の作成

  • オートコンプリートによる選択入力(定型文、機器情報)
  • 班マスターから運転員自動セット
  • リッチテキストでわかりやすい文書の作成

あいまい検索により素早いログ検索

  • 全角・半角、大文字・小文字 区別なく検索
  • AND(改行)、OR(スペース)の組み合わせによる検索
  • あいまい検索

多様なスケジューリング

  • 定期作業(モバイル点検と連動)
  • 計画作業(運転変更、出荷指示、工事計画など)
  • 当日の予定が集約された今日の予定(To-Doリスト)

確実に伝達可能なお知らせ機能

  • 課内で共有する情報はお知らせ掲示板を使用
  • 周知者を指定することで既読確認が可能

電子申し送りと班長日誌作成

  • 関連情報を集約した引継ぎシートによる電子申し送り
  • 運転日誌からワンクリックで班長日誌へピックアップ

豊富なオプションパッケージ

  • 文書管理、モバイル オプションパッケージ
  • 設備関連パッケージ(設備管理、機器台帳、予備品管理、工事管理)

確実にフォローできる懸案事項管理

  • 運転中の問題点を懸案事項として関連付け管理
  • ユーザーが定義できる区分コードで分析
  • 完了した懸案事項を自由に検索

プロセスデータベース、ダッシュボード連携

  • 入力したTag Noを自動認識によるトレンドリンク
  • スプリットシードによるプロセスのデータ入出力
  • ダッシュボードによる各種分析

PlantLogMeisterの構成

PlantLogMeisterを活用した業務の流れ

サイト構成

サイト構成
サイト間を横断した情報の管理
班長をリーダーとした一つの運転チークを一つの製造サイトとして運用
製造サイトの設備情報を共有し、設備管理システムとしてまたは、他の設備管理システムと連携した運用

サポート体制

サポート体制
  • システム構築では、お客様専用の試行サイトを準備
  • お客様が設定した内容を当社で確認・サポート → 適切なサポートが可能
  • 試行運用完了後、設定内容を本サーバに移行

システム動作環境

機種名 仕様項目 仕様/ソフトウェアバージョン
サーバー CPU 2コア以上
ハードウェア メモリ:4GB以上、HDD:200GB以上(RAID推奨)
OS Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016
データベース Oracle12c
クライアント OS Windows 7、Windows 10
ブラウザ Internet Explorer 11
EXCEL EXCEL2007、EXCEL2010、EXCEL2013

※サーバーのスペックについては、サイト数によって変わりますので別途ご相談ください。

関連製品・サービス