ソリューション

プラントが抱える問題を、
ソフトとハードを駆使して解決します。

生産現場の状況を、リアルタイムに可視化。

生産ラインを流れるプロダクトの、ある特定の時点のデータを収集し「生産ラインの管理」「プロダクトの品質向上」に生かすのが「POPシステム」です。「機械、設備、作業者、ワーク」からデータを採取し、情報をリアルタイム処理。管理者は、現場の状況を正しく把握し、品質不良や製造ロスを減らすことができます。

特長

  • 現場作業指示による実績管理
  • 進捗のリアルタイム監視
  • 現場作業指示による品質確保
  • 誤作業防止
  • トレーサビリティーの実現

操業上の課題

  • 現場の作業状況が分からない
  • 作業内容を正しく指示したい
  • 品質不良の低減が進まない
  • 誤作業による製造ロスがある

導入効果

  • 現場の生産状況に合わせた臨機応変な指示
  • 誤投入などの誤作業の防止
  • 急なオーダーに対して適宜な指示の落し込み可能
  • 作業指示とこれに基づく正確な作業による品質の安定化
  • 実績の記録・ペーパーレス化
導入効果

◆ POPシステムとは・・・ 「工場現場の時々刻々に発生する生産情報を、その情報発生源である機械・設備・作業者・ワーク (加工対象物)の4点から直接(ペーパーレス)採取し、リアルタイムに情報処理をして、 現場管理者に提供すること。 また、現場管理者の判断の結果を現場に指示すること。」

導入により現場ではこんな効果が出ています

導入効果
導入効果

関連製品・サービス