ソリューション

プラントが抱える問題を、
ソフトとハードを駆使して解決します。

電気、水道、ガスをスマートに使うという選択。

プラントの操業に必要な「ユーティリティ(電気、水道、ガスなど)」の使用量や使用時間帯などを詳しく調べ、製造計画を考慮した上でコストカットをはかる「ユーティリティ運用計画最適化」。たとえば自家発電や割安な夜間電力を利用する。契約電力の見直しを行う。さまざまな手を駆使し、無駄を抑えます。

特長

  • 製造計画とユーティリティ使用予定量の一元管理が可能
  • ユーティリティピーク予測が可能
  • ユーティリティ使用予定量を制約とした操業シミュレーションが可能

操業上の課題

  • ユーティリティ使用予定量を考慮した操業が計画されていますか?
  • 電力料金をもっと抑えたくありませんか?
  • ユーティリティ使用量の削減が検討されていますか?

導入効果

ユーティリティ使用予定量を考慮したユーティリティ運用計画最適化の立案を支援します。

  • 自家発電や夜間電力を考慮したローコストオペレーション
  • 契約電力の見直し
  • 契約電力内での効率的な操業計画の立案
導入効果
導入効果

関連製品・サービス