ソリューション

プラントが抱える問題を、
ソフトとハードを駆使して解決します。

プラントの監視や操業を、モバイル端末から。

プラント全体の監視/操業は、中央監視室で行うのが昨今の主流です。それでも安定操業には、目視を基本とした現場パトロールも必須ですが、モバイル端末でそれをかなえるのが「現場モバイル点検システム」。監視だけでなく、中央監視室と同様の操作が可能。そのため点検業務の大幅な効率化がはかれます。

現場モバイル点検システム

モバイルパトロールシステム「PatrolMeister」とは

PatrolMeister(パトロールマイスター)は、日常或いは定期的に現場情報をチェックシート等を用いて「手書き」収集しているものを、モバイル端末(PDA等)を用いて、現場レベルで電子化するものです。

日常の現場情報の収集業務を効率的に行い、生産性の向上を計ると共に、単なる報告書作成のためだけの現場情報収集ではなく、収集した情報を様々な形で編集、分析、統計管理ができる「生きた情報」とする仕組みを御提供するものです。その機能(運用)は、パトロール点検情報・収集情報を効率的に管理するパトロールサーバと、パトロール計画をダウンロードして、データを入力するモバイル端末から構成されます。下の概要図を参照下さい。

モバイルパトロールシステム「PatrolMeister」とは

PatrolMeister(パトロールマイスター)の特長

●モバイル端末の複数ラインナップ(一部将来対応予定)

  • 種類の端末を運用に合わせて選択頂けます。
  • パトロールサーバ情報取合いも端末の違いを意識せず行います。

●パトロール計画立案・運用の容易性

  • 日常作業は簡単な画面操作で利用できます。
  • 面倒なパトロール計画立案も簡単検索で楽々登録して頂けます。
  • 複数モバイル端末を使用する場合でも、端末の違いを意識せず、同一操作で計画立案ができます。

●計画保全サーバとの連携

  • TMQIII(旭化成エンジニアリング殿製)で登録の機器台帳マスタ情報とリンクし、本パトロールサーバのマスタ情報をはじめから登録する必要はありません。
  • 日常のパトロール時の異常情報を、TMQIIIへ通達できます。

●データベースの頑健性

  • データベースには、Oracleを採用し、データベースとしての頑健性があります。
  • 収集された数値、文書、画像データを効率よく蓄積、検索できます。

*TMQIIIは、旭化成エンジニアリング社の登録商標です。

回転機振動診断システムとは

回転機器・設備を振動により診断し、異常の検知・予知により操業トラブルを未然に防止するシステムです。

【適用例】

  • 動力設備、鉄鋼プロセスライン、ユーティリティ設備、抄紙機設備、各種製造設備等の回転機を有する設備。

【特長】

  • ●振動波形信号から得られる振動加速度・振動速度による簡易診断とその傾向監視、およびFFT解析による精密診断。
  • パトロールシステムとの融合による端末、サーバの兼用と作業効率向上。

【主要機能】

  • 振動加速度・振動速度による傾向監視、異常検知・予知。
  • 振動波形FFT解析による精密診断、異常評価。
  • オフライン測定データの取り込みと、その簡易診断、精密診断、傾向監視、及びデータ管理。
  • アラーム・保守・点検履歴保存表示。
システム構成例
機能構成図
画面例

関連製品・サービス