パッケージ・
ソフトウェア

現場の声から生まれた、
本当に使える業務効率化ソフト。

機会損失を抑えながら設備のメンテナンスを行うために。

プラントを安定稼働するには、定期メンテナンスが必須ですが、それには設備の停止が伴うため、ビジネス上の機会損失を避ける停止計画と、メンテナンス計画が必要です。本システムを利用すれば、これら計画を簡単に立てられます。必要な機能だけを厳選したソフトのため、イニシャルコストを抑えられるのも利点です。また、ドキュメント管理,予備品管理,保全予算・実績管理もサポートしています。

特長

  • 標準機能を必要最低限の機能に絞り、コンパクト・低価格・簡易操作を実現
  • 生産・製造系、エネルギー管理システム等の各種システムとの連携(オプション)が可能
  • メンテナンス結果の解析で、設備故障の傾向分析が可能
  • メンテナンスの予算・実績の管理が可能
  • メンテナンススケジュールはタイムチャート形式で表示可能
  • 消耗品、付属品の簡易在庫管理が可能 ※最低在庫数を下回るとアラーム出力
  • 各種ドキュメントを機器単位での登録,管理を実現
  • メンテナンス実績には写真,動画、データ等のドキュメントを関連付けして登録可能
  • WEB対応により、各端末からのアクセスが可能(小規模~大規模対応)
  • クライアントのユーザ数制限なし
  • 無償データベースの採用によるランニングコスト低減

操業上の課題

  • 保全計画、保全費用投資計画立案に時間がかかる
  • 設備保全管理者しか内容を把握していない。担当者がいなくなると、何も分からない
  • 設備故障で、生産ラインが停止することが多い
  • 長納期部品の手配が遅れて困ることがある。部門で保守部品を個別に保有していないか
  • 現在のメンテナンス周期、コストが妥当かわからない

導入効果

  • メンテナンス周期を登録するだけで自動で計画を立案
  • 全社員で設備保全情報共有・参照が可能
    図書登録でメンテナンス手順書・各種マニュアル類の情報も共有することができる
  • 予防保全により、突発故障による生産への影響を最小限に抑えます
  • 予備品・消耗品を在庫管理し、在庫切れを未然に防止、他部門で重複保有している在庫を削減、保全状況に合わせた在庫に適正化
  • 情報を一元管理することにより、最適なコストでメンテナンスが可能

設備保全システム概要

設備保全システム概要

機器管理

豊富な検索条件(型番、メーカ、施工/保守業者、設置年月日等)で自由に機器の検索が可能。

機器管理

消耗品・付属品管理

メイン機器に付属する消耗品・付属品を管理可能。消耗品の在庫数・使用数を管理可能。
最低在庫数量を下回るとアラーム出力。

消耗品・付属品管理

図書管理

  • 機器に関する図書を管理
  • 図書フォーマット(word、excel、pdf、写真、動画他)は、多種多様なフォーマットに対応
  • 紙文書等の保管場所の管理も可能
図書管理

メンテナンス管理

定期保守、故障対応等のメンテナンス情報を管理。メンテナンスのスケジュールを管理。メンテナンス予算・実績の管理が可能。カレンダー/タイムチャートでスケジュールを表示。メンテナンス回数/所要日数、金額をグラフ表示。豊富な検索条件で、結果を表示/比較が可能。

メンテナンス管理
メンテナンス管理

関連製品・サービス