コンプレッサ駆動の
電動化

エネルギー効率に優れた電動化は、
もはや世の常識です。

ガスやオイルを輸送するのに用いられるのが、液体や気体を圧縮することで流量調整するコンプレッサ。従来はガスタービン(エンジン)で駆動してきましたが、昨今はモータとドライブ装置で駆動するのが主流です。エンジンに比べるとモータはエネルギー効率やメンテナンス性に優れています。

ガスやオイルを輸送するのに用いられるのが、液体や気体を圧縮することで流量調整するコンプレッサ。従来はガスタービン(エンジン)で駆動してきましたが、昨今はモータとドライブ装置で駆動するのが主流です。エンジンに比べるとモータはエネルギー効率やメンテナンス性に優れています。

関連製品・サービス